過激なレプリカ

模造品づくりにフルスロットル

自己紹介とエントリ・制作・寄稿履歴

千紘(ちひろ

ジャニーズ事務所所属・Hey!Say!JUMPと八乙女光くんのファン

千紘🍎 (@ybhkkgkhc) | Twitter

 

制作・寄稿

FunPay×はてなブログ「それどこ」(2017~2018)

収納王子のコジマジックさんが家に来て部屋を片付けてくれました。

card-media.money.rakuten.co.jp

 

楽天×はてなブログ「それどこ」(2017~2018)
スワロうちわ、双眼鏡、遠征バッグの中身など、ジャニヲタならではの所持品について寄稿させて頂きました。

srdk.rakuten.jp

srdk.rakuten.jp

srdk.rakuten.jp

srdk.rakuten.jp

srdk.rakuten.jp

srdk.rakuten.jp

srdk.rakuten.jp

 

Woman.CHINTAI×はてなブログ(2018年)

住む家、人生の優先順位の話。

woman.chintai

 

マネ会節約×はてなブログ(2020年)

お金の管理について。ちなみにマジでちゃんとしてません

hikakujoho.com


劇団雌猫「悪友 vol.1浪費」(2017)
浪費図鑑として小学館から発行された本の同人誌第一弾に「ジャニーズに浪費する女」として寄稿させて頂きました。2018年2月には、大阪でのイベントにも呼んで頂きました。

劇団雌猫

mesuneko.hatenablog.com

#悪友ナイト 大阪冬の陣(2/25)

togetter.com

少年コレクション(2012~2013)
ジャニヲタの思いを集めた同人誌「少年コレクション vol.1担当 vol.2担降り」を、サークルメンバー5人で発行。(今後の発行の予定はなく、アカウントも停止中です。)

twitter.com

ジャニヲタ情熱大陸(2015)
お友達のジャニヲタインタビュー企画に呼んで頂きました。JUMPを好きになった経緯や、これまでの人生、仕事について話しています。

jw.hatenablog.jp

 

前にやったこと

 

八乙女光お誕生日会2018@大阪

twitter.com

八乙女光お相手総選挙2015
 https://togetter.com/li/1054551
八乙女光お相手総選挙2012
 http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/20121215/1355577952 

 

主なエントリ

★Hey!Say!JUMP関連
Hey!Say!JUMP10周年セットリスト選抜曲を考える~2007年編(2012年分まであり)
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/2016/11/09/120029

Hey!Say!JUMPのカウコンで聴きたい未披露曲を、1500人に聞いてみた。(前)(後編あり)
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/2015/12/25/180005

Hey!Say!JUMP未披露曲だけのコンサートレポを書いてみた(※ただし、全て妄想)
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/2015/10/23/163725

つんく♂さんになりきって「ウィークエンダー/明日へのYell」のライナーノーツを書いてみた
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/2014/08/29/122842

八乙女光くん関連
八乙女光10000字インタビュー2度目~2017年12月号~
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/2017/10/25/120215

八乙女光が「ひかにゃん」になるまで(はじめに)~3年前に書いた手紙~(前・中・後編へ続く)
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/2015/09/08/170112


★やぶひか(薮宏太・八乙女光のコンビ)関連
JUMPingCARnival MCでのやぶひか事件 BEST10
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/2015/10/16/131232

WiNK UP 2014年2月号の薮光対談の感想
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/2014/03/31/212138

★自分のこと
担降りしたかった冬-Let's go to TOKYOー
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/2018/02/27/190134

はじめに(ブログの名前「過激なレプリカ」について)
http://kagekina-replica.hatenablog.com/entry/20120101/1325762917

 

「推し、燃ゆ」/宇佐見りん

芥川賞候補作。21歳の現役大学生、三島由紀夫賞最年少受賞作家。

 

 

推すことは私の生きる手立てだった。業だった。

 

 

推しを推すだけの夏休みが始まると思い、その簡素さがたしかに、あたしの幸せなのだという気がする。

 


推しを推すとき、あたしというすべてを懸けてのめり込むとき、一方的ではあるけれどあたしはいつになく満ち足りている。

 

おたくなので、連発されるパワーワードに骨の髄まで共感してしまうリアリティがあった。「私のこと?」と思うレベルで鮮明かつ生々しい。逆に言うとそれらの文体がキャッチーすぎて、高校生が主人公ということと合わせて、最初はブログを読んでるかのようなライトさが少し物足くもあり。

 

主人公・あかりが頭を抱えたくなるくらいの危うい人間なんだけど「推すことでダメになってしまう」のではなく「ダメな人間が推すことだけはできる」というほうだったので、痛々しくて読むのが結構しんどい。ただ、これがあるからこそ「アイドルに入れ込むのも若さゆえ」「青春」感が全くなく、良い。病気を受け入れられない家族、社会、という問題も孕んでいて厚みがある。

 

最後の畳み掛けがすごく良かった。「燃ゆ」という言葉にかけられた意味の回収、ちょっと説明的すぎたけど素人にはそれだけ丁寧だったからこそメタファーを読み取ることができたので助かった。推しが燃えたあかりがどうなってしまうか、その結論として最高のラストだと思うしシンプルにかっこよかった。

 

あとは「天皇小説としての読み方」という解釈をされてる方が多くて、この視点に気づいた時気持ち良いくらいぞっとした。

 

本体としおりの紐が青なのも、そういうことかと思えるので良いね。

 

短いので小一時間くらいで読めます。