読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過激なレプリカ

模造品づくりにフルスロットル

八乙女光くん、25歳のお誕生日おめでとうございます。

Hey!Say!JUMP八乙女光くん、25歳のお誕生日おめでとうございます。
光くんの24歳のお仕事のまとめと、お誕生日に寄せて今思ってることを。


八乙女光2015~24歳光くんのお仕事まとめ~

●演技
★ドラマ
「ドS刑事」浜田宗一郎役 4月~6月

 

●バラエティ番組(ゲスト出演などは除く)
★レギュラー
「ヒルナンデス」
「リトルトーキョーライフ(旧:リトルトーキョーライブ)」
「いただきハイジャンプ」(特別番組からレギュラー番組へ)NEW 7月~
「スクール革命」
★特別番組
24時間テレビ『つなぐ ~時を超えて笑顔を~』」

 

●ラジオ番組
★レギュラー
「らじらー!サタデー」NEW 4月~
★ゲスト出演
「Hey!Say!7 Ultra JUMP」 11月3週 知念侑李担当回
★特別出演
「キミアトラクション」コメント出演 約20~30本

 

●コンサート
「JUMPing CARnival」
宮城、大阪、福岡、広島、愛知、北海道、横浜 全7会場22公演

●CD
★シングル
「Chau♯/我 I need you」 4月
c/w「スルー」Hey!Say!BEST

「キミアトラクション」 10月
c/w「ChikuTaku」「秋、晴れ。僕に風が吹いた」「Shall we?」「NEW AGE」「Ignition」

★アルバム
「JUMPingCAR」 6月
<JUMPing CAR/Walk/SHen SHera SHen/キラキラ光れ/愛よ、僕を導いてゆけ/Boys Don't Stop/Dangerousヨワムシ★シューター/Farewell/Viva! 9's SOUL/Puppy Boo/殺せんせーションズ Hey! Say! JUMP ver./DISCO JOCKEY!!/UNION

※作詞…「UNION」のソロパート。薮宏太、有岡大貴もそれぞれ自分のパートを作詞しているため、3人名義での共作

 

★CM
ハウス食品 バーモントカレー
「コーセーコスメポート ソフティモ」NEW
「ブルボン ポップコーンシリーズ」NEW

 

光くんに叶えてもらった夢、叶えてほしい夢

 

■24歳の光くんが叶えてくれた夢
・女装
・ラジオレギュラー
・冠番組レギュラー
・スタンドマイクでのJUMP曲
・メンバーにいじられるキャラ

 

■24歳の光くんの印象的だったお仕事・出来事
24時間テレビ
・UNION
・「ひかにゃん」という自覚
・えづき
・ピーマン
・八乙女ポイント
ジークンドー

 

■これからの光くんに叶えてほしい夢
・BESTコン
・コメディ系の明るい舞台
・クイズ番組のおバカ枠でレギュラー
・メンバーとプライベートで結構遊ぶ(仕事帰りのゴハンも可)24時間デレ日~仕事を超えて笑顔を~
・薮くんとレギュラーなど2人のお仕事
・ジャニーズWebで連載
・JUMP一人ひとりを順番にプロデュース

 

24歳の光くんを表すキーワード

23歳の光くんには「伸長・深化」というワードを上げて、24歳の光くんには「順番・任命」、「メインポジション・任せられる・フロントでやってみる」そんなワードを挙げました。
ほんとに忙しかった2014年。
昨年末、光くんは「今年の自分を褒めてあげたい」って言ってたのですが、今年はどんな言葉で締めくくるんだろう。

 

25歳のワードを挙げると…「キャラクターの安定」「ダメな子ほど可愛い」「売れっ子芸能人」って感じかな。過去2年に比べて具体的すぎるという統一感のなさ。

 

「キャラクターの安定」と「ダメな子ほど可愛い」は似ていて「八乙女ポイント」って言葉がまさにその象徴。いやほんと「八乙女ポイント」には平和賞を差し上げたい。
メンバーが光くんをいじれるようになったり、光くんも生放送でのびのびやる場所が増えたりして、ダメで可愛い部分が露呈しまくった24歳だったなぁと。

リトラでのえづき、私服ダサイキャラの定着、丁寧な猫ダメキャラのいじり、らじらーで毎週突っ込まれるカミカミキャラ、ファンがあたためてたダメカワな部分から、ファンでさえ知らなかったダメカワ部分まで、あますことなくたっぷり楽しませてもらいました。

JUMP自体が、いただきハイジャンプや、メンバーカラーの固定、キミアトラクションの台詞などを通じて「キャラクターの差別化」「個性の確立」を図っているフェーズなので、「キャラクターの安定」は光くんに限ったことではないんですけどね。

 

そして「売れっ子芸能人」。
これはもう「生放送週3時間」「レギュラー番組5本」これに尽きる!
念願のラジオレギュラーが始まったわけですが、何とそれが生放送の1時間(正確には45~50分くらいだっけ?)番組!生だから編集されなくって、光くんのダメカワ鮮度高すぎて、こんな濃厚なものを週イチで摂取出来るなんて、夢みたいです。
ヒルナンデス2時間(ずっとテレビに映ってるわけじゃないけど)もあるから、1週間で3時間も生の光くんを楽しめて、ヒルナンデスでは最新のビジュアルをチェックできるし、らじらーでは最近のトピックスを聞かせてくれるし、生放送って偉大!本当に贅沢な暮らし。

光くん本人がらじらーで、つまり伊野ちゃんの前で「すみません僕はレギュラー4本あるんでぇ~」って嬉しそうに言っていて、ほんとこの人無神経だな、とダメカワ萌えしながら、相変わらず仕事が好きそうで有難いなぁという気持ちになりました。
「1日で一番好きなのは、仕事をしているとき」
光くんのこの発言は、ファンの精神安定剤として極上の答えです。タレントとファンは、仕事でだけ繋がる関係なので。

 

そして、そのメディアへの露出の影響で、光くんがどんどん「芸能人」っていう肩書きにはまっていくというか。
もちろん、元々芸能人ですよ。
だけど、これまで、お金を払ってわざわざ見に行かないと、ダメカワなところも口癖も最新のビジュアルも手に入らなかったのに、今は家で寝転がってテレビ見てラジオつけるだけで、Twitterをくるくるっと更新するだけで、簡単に入手出来る。
「会いに行けるアイドル」と「国民的スター」という、ちがい。
だけど、光くんはずっとずっと変わらなくて、テレビで見てもコンサートで見ても雑誌で見てもそこにいるのは全部おんなじ光くんだから、お金をかけずにたくさん光くんを楽しめるのは、ファンにとって本当に幸せなことです。

 

目の前にいる人が1人でも100万人でも、きっと光くんは同じ笑顔でアイドルを出来る人だから、光くんの視界に入る人は、多ければ多いほうがいいのです。

 

「めざすは芸能界のいただき」
光くんに一番似合う場所は、きっとそこです。

 

光くん、25歳のお誕生日おめでとう。
光くんのファンをしていて幸せだなって思うのは、お仕事が大好きな光くんが、いつも努力を怠らずストイックに上を目指し、どんどん夢を叶えてくれることです。

 

24歳の光くんは、めちゃくちゃ最高だったよ。
本当に大好きでした。ありがとう。

 

相当高いハードルだけど、25歳の光くんに超えてもらえることを、とっても楽しみにしています。
私も、今日から365日、25歳の光くんにフルスロットルします!

お仕事に恵まれる楽しい1年になりますように。