読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過激なレプリカ

模造品づくりにフルスロットル

ジャニーズ楽曲大賞2013

今年も、ジャニーズ楽曲大賞に投票してきました。
http://j-m-a.info/


ジャニーズはあまり幅広く聴いていないので偏ってますが…。


●楽曲部門
1位
Come On A My House/Hey!Say!JUMP

「かっこいいことはいつでも出来る。今しか出来ないことを今のJUMPでやろう」制作スタッフはHey!Say!JUMPにこんな言葉をかけていたそうだ。カワイイJUMPの最終回になっても構わない、それくらいやりきった、多幸感を武器とするカワイイHey!Say!JUMPの集大成となる作品だと思う。

今までのJUMPの中でも1番好きかもしれないなぁ。
初めて聴いたのは感謝祭。「新曲やるよ」って何の前振りもなく突然スタートしたんですけど、恋愛レボリューション21のwow wow♪の腕回すような振り付けもあったりで、女子アイドル路線まっしぐらでとにかくびっくりしました。この方向性を選んでくれたことが嬉しくて仕方なかった。
カモナマイハウスカムカレ〜じゃんぷ!じゃんぷ!って聴きすぎてるとほんとトランス状態になる。
カモナを踊ってるJUMPが多幸感いっぱいで、幸せな人が人を幸せにできるんだって思ったというか…カモナに出会えたことが、2013年JUMPのファンをしてて一番嬉しかったことと言っても過言ではない。


2位
BAD BOYS/SexyZone

かっこいいのただ一言。
そうそ!れ!が!ジャニーズってもんさ!!!

バッボーイ!!!
ここまで思い切ったボーカル曲、羨ましくて仕方ない。か!ち!の!こ!ろーぜ!とかすごいイイ。KAT-TUNのRESCUE思い出した。洋楽っぽいのかな…洋楽聴かないから全然違うかったらすみません…。

3位
キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/Kis-My-Ft2

価値観やメディアが多様化し「流行」を作ることが難しくなったこの時代に、普遍的な「キャッチーさ」が実現された貴重な一曲。
キスマイがジュニア時代一番キャッチーさと間逆のところにいたはずなのに…エイベやりよる。

振り付けがカワイイ!これも女子ドル!

4位
BOUNCE/Hey!Say!JUMP

Hey!Say!JUMPがここ数年追及してきたフォーメーションダンス…がメインではなく、どちらかと言うとダンスの個人技を見せてくれるダンスナンバーだと思う。
個々の成長したダンススキルを、「いつもそばでNever let you go」「離れられないmy shadow」「どんなときでもDance with you」これらの歌詞と重ね合わせると、泣けます。

まぁこれが全てだけど、情で入れたようなところが強い。

5位
Desperado/A.B.C-Z

イントロの電子音っぽいメロディも、「過去に生きるなんてcrazy」っていう歌詞もジャニーズワールドのストーリーと世界にぴったりで、初めて見たときとても印象に残りました。
A.B.C.-Zにしか出来ない質の高いダンスに魅せられる1曲。

ダンス全部マスターしたい。

  ----ここまでが投票ライン----

以下迷ったのはこんな感じ。

Ride With Me、School Girl
ミステリー ヴァージン
運命Girl、Black & White、Strawberry Dance
ROCK U
CANDY〜Can U be my BABY〜
Crazy Accel、InaZuma☆Venus、Crush
Battery
P・A・R・A・D・O・X
渚のお姉サマー

ROCK U、クレアク、イナビ、Crushはどうしても「2013年」の脳では入れられなかった。大好きなんだけどなぁ。
デスペラも2012年時点で聴いてるから迷ったのですが、2012年っていっても11月のことだしということで投票。
逆に、一発でいい!って思ったけど、一回しか聴いてないから入れるまでに至らなかったのは、運命Girl、Battery、P・A・R・A・D・O・X、渚のお姉サマー。
運命Girlめっちゃ可愛い。渚のお姉サマーは耳に残るメロディが好きです。


●未音源化楽曲部門
浪速一等賞/関西ジャニーズjr.

関ジュの曲はどれもめちゃくちゃいい!
これはもう歌詞もパート割も振り付けも全部が完成されたメジャーアイドルの域。


●ベスト現場部門
Hey!Say!JUMP 全国へJUMPツアー2013
超巨大スクリーンを導入し、あぁ、このグループ顔面が武器だったわ…と実感したツアーでした。

ロングランツアーで全国回って楽しかったです。
というか、これしか行ってないからなぁ…。現場自体は、エビ春、キスマイ春、熱海…とちょこちょこ行ってるけど、複数入ったのは、ジャニワ、感謝祭、40カラット、JUMPの全国ツアーだけ。
このツアー自体は、個人的に別に高得点ではない。
JUMPが言うような、方向性をがらっと変えた…っていうのは私は感じられなかった。やってる曲が一緒だから。パッケージの箱を変えても、中身は一緒だと同じ味。
2014年は、新しい曲いっぱいで本当に変わることを期待してます。




ジャニヲタベストバイは特になし。

自担部門八乙女光
「熱しやすく冷めやすい」タイプで、個人を対象とした愛情があんまり長続きしたことなくて、5年を超えるのは光くんが初めて。
どんなに好きでも冷めるときは理由なく一瞬なので、いつも自分の気持ちが怖いですが、光くんのファン楽しすぎるので、ずっとファンでいたいです。

現場数はジャニーズだと34なので、30〜50に入れました。
下半期暇だったわ〜!



どの楽曲が票を集めるのか、結果が楽しみです。