読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過激なレプリカ

模造品づくりにフルスロットル

Hey!Say!JUMP10周年セットリスト選抜曲を考える~2008年編

前回のエントリを読んで下さった方ありがとうございました。
続いて、2008年編です。


2008年楽曲とコンサート*1

★2008年のリリースCD
・5月21日2ndシングル「Dreams come true
1.Dreams come true
2.俺たちの青春(高木雄也名義)
3.Chance to Change

・7月23日3rdシングル「Your Seed/冒険ライダー」
1.Your Seed
2.冒険ライダー

・10月22日4thシングル「真夜中のシャドーボーイ」
1.真夜中のシャドーボーイ
2.スクール革命
3.Deep night 君思う

 

★2008年の未音源化曲*2
チュウは二度目さ
太陽にLOVE MOTION
BUMP UP
S.O.S.(Hey!Say!7名義)
カワイイ君のことだもの(Hey!Say!7名義)
STYLE(Hey!Say!BEST名義)
Switch(Hey!Say!BEST名義)

 

★2008年の未音源化曲で後に音源化された曲
Fly
Memories

 

合計 Hey!Say!JUMP:12曲
+Hey!Say!7:2曲+Hey!Say!BEST:2曲+高木雄也1曲

 

★2008年のコンサート
Hey! Say! JUMP Spring concert 2008
4月4日-5月6日2都市・12公演

・SUMMARY 2008
8月2日-9月5日1都市・37公演

Hey! Say! Jump-ing Tour '08-'09
12月20日-1月5日3都市・10公演/DVD化

 

前回も誤りがありましたが、今回も自信がありません。調べても調べても、インターネットに落ちている情報が少なく、また、ファンになったばかりだったので記憶から補足も出来ず。誤りがありましたら、ご指摘いただければ幸いです。
あと、ソロには触れないと決めたけど、2008年に生まれた山ちゃんのアジアの夜、高木くんの蜘蛛の糸、すごく好き。
また、春コンでV6井ノ原くんが作った「絶妙MUSIC」をカバーしました。この振り付けが超超超アイドルで可愛かったのでV6担の友達に言ったらびっくりされ、ダンスはJUMPオリジナルだと知りました。これまた見たいなぁ。HI!Hey!Sayでもやったけど踊らずでした。

 

2008年楽曲所感

☆「Dreams come true」について
当確でしょう。これもまた、UMPと同じくらいたくさん歌われて来た定番曲です。
メロディや歌詞も明るく、JUMPらしい。
簡単な振り付けがあるので、やっぱりファンサ曲として、お客さんと一緒に踊りながらやるのがいいかなぁ。
当時この曲がアンコールに使われたとき、薮くんが言っていた煽りが印象的でした。「夢見たいかー!」これは分かる、「正夢にしたいかー!」これはちょっと面白い。
Cメロに薮くんから光くんへ繋ぐパートがあり、2015-2016カウコンではやぶひかがセンターステージの一番上に2人だけで立って歌う姿が今も頭から離れません。
いつも「一緒に歌ってー!」とお客さんに投げるパートになってしまうことがファンとしては寂しいのですが、他にこういう曲ないので、ドリカムの特別感を高めてますね。

 

2枚目のシングル。「2枚目が出るってことは、期間限定じゃないってことか」と光くんは自覚したといいます。

 

☆「俺たちの青春」について
ごくせんの挿入歌で高木くんのソロ曲。
同じメロディで歌詞とテンポ違いの「ジタバタ純情」という曲も同時に生まれましたが、大好きな曲です。
この曲についても、2016年のMCで話題に。

知念くん「雄也は「俺たちの青春」って歌ってたけど、その「俺たち」に僕たち入ってなかったもんな!」
有岡くん「中間くんたちとばっかり一緒にいたよね!」

当時、高木くんは、ごくせんで一緒だった桐山照史くんと中間淳太くんととても仲が良くて。演技で悩んでるときに照史くんに相談に乗ってもらっていた高木くんが、突然話の途中でグラサンをかけ始めたと思ったら、グラサンの中で泣いていた、というエピソードが懐かしい。

9月には、大阪・梅田芸術劇場で「ごくせん・バッテリー大阪凱旋コンサート」という5公演のコンサートに出演しました。蜘蛛の糸の初披露もここです。
凱旋と銘打ってるだけあって、最後は「俺たちが関西ジュニアー!」と両手を上げて締めるのですが、高木くんも嬉しそうに一緒に手を上げていました。3公演目から、体調不良の優馬くんの代わりに薮くんが駆けつけ、そのときにはもうすみっこで拍手をしてましたが。当時JUMPのメンバーと距離があった、尖っていた、やめようと思っていた、という高木くん。

どんな気持ちで手を上げていたのかな。

 

☆「Chance to Change」について
バレーの曲。好き。薮くんのフェイクが神がかっている。
メドレーくらいでいいからさらっとやってほしいけど、なさそうだなぁ。

 

☆「Your Seed」について
初めてのダンサブルな楽曲!めちゃくちゃかっこよくてMステを何回も見ました。というかMステに何回も出ました。まさかの3週連続出ました…!
やぶひかがタッチするパートもあって興奮したな。
てかこのシングル、両A面!と思ったら2曲しか入ってなかったんですね!?(笑)

2人×5組で対になるパートがあるんですけど、龍ちゃんがいなくなってどうなるかなと思っていたら、山ちゃんが真正面を向いて1人でパフォーマンスする構成に変更。エースが穴を埋めたか、と。

知念くんだけが高音のフェイクだったのですが、冬のコンサートでは薮くんが高音フェイクに!あ、それを言うとUMPのフェイクもか!UMPいつから変わったんだっけ!?声変わり担の人、薮担の人にとってはきっと重要な変更点だったのであろう…。

何故かバンドバージョン、ファンサ曲にも使われたYourSeedですが、ちゃんとダンス曲としてやるなら、相当ライバルが多いので…うーん、どうだろうな!でもやるんじゃないかな!

10周年のコンサート、ラスト3曲は、メインステでYourSeedでダンス→外周回ってドリカムでお手振り→センステに集まって来てUMP、っていう、シングルを逆に辿る演出とか見たいなぁ。なんて、いかにもヲタクが考えそうなテンプレなセトリ。*3


☆「冒険ライダー」について
SUMMARYの思い出がある曲!とJUMPが口を揃えていう夏曲。
SUMMARY2008では、この曲が本編ラストだった。
以降ファンサ曲としてもよく使われている、使われすぎて「いつメン」に入る。ファンサ曲も増えてきたので、意外と熾烈な争いになるかもしれませんが、やりそうだな。
歌詞が本当にエモいですね。「遥かな青空の向こうはどうなってるの?」まだ生まれたばかりの小さなグループのスタートにふさわしい、1曲。

冒険ライダー 到来だ! 奇跡と呼ばせはしない 1つずつ夢叶えていくよ
冒険ライダー 泣かないんだ 広がる世界を浴びて 僕らずっと突き進んでいくんだよ

頻繁に歌われていたことで、1つずつ叶っていったJUMPの夢を成長を、そのたび、そのたびに実感させてもらえました。


☆「真夜中のシャドーボーイ」について
JUMP初のかっこいい曲!
って、出すたび出すたび「これまでのJUMPになかった」「JUMPらしくない」と言っていて、JUMPらしさって何なんだ、と言っていたブログを読んで当時すごく共感したなぁ。まだ初めてのことばかりだもんね。
いやーもうMVがかっこよすぎて!
曲そのものの完成度が高いなと個人的に思っています。
これもしょっ中セトリに組み込まれ、振り付けを新たに作ってまでやったので、正直もういいよ!と思うこともありましたがw、やるんじゃないかな~。

てか、過去のセトリを全部あらって、披露回数を一緒に書いたほうが説得力が出るのでは?でもそうすると公演数もバイアスとして掛け算したほうがリアルな数字を出せるか?と、ふと思ったのですが、面倒なのでやめました。こういうの好きな方がいたら、是非…。

伊野尾くんが過去MCで間違って「チェリーボーイ」と言ってしまい、会場が騒然となったことがありました。楽屋でそうやってふざけて言いまくってたんだろうな(笑)。
でも、チェリーって歌詞に出てきまくるから罠としか思えないよ!


☆「スクール革命」について
薮くん作詞!CDに薮くんの作詞が、メンバーの作詞が入ったのは初となります。
初期に発表されたタイトルは「Journey into Space」だったので、突然「スクール革命」になっていて度肝を抜かれました。
最初はダサいタイトル!と思いましたがこっちのほうがこの曲の良さが出ていて好きだな。
そして、10代の内から、自己啓発系や経験談のようなラブソングではなく、こういう歌詞を書けたところ、本当に才能だと思います。

これもファンサ曲のいつものメンバーなので、やりそうだな~メンバーが携わった曲という補正もかかりつつ。


☆「Deep night 君思う」について
ファンの中で超人気のある曲。ツアーでは1回*4しか披露されてない!そして、ツアーでは構成の都合上パート割が音源と違う!
あ~もう振り付けも歌詞もメロディも何もかも最高に好きなので頼むからやってくれ~!!ラジオのジングルに使われてるくらいだから忘れてるわけじゃないよね~?頼む~!!!
でも、「初期の・かっこいい大人な・シングル以外の曲」という枠でライバルになるのは恐らくENDLESS DREAM。あっちもヲタク大好きだからな~エンドリには負けてしまいそうです。
大好き。Hi!Hey!Say!でやった、薮くんのカメラ目線で指ぐるぐるするの何回見たか分からない。

光くんが「歌詞に共感出来て好き」って会報で言ってて、え、どんな恋愛してんすか…とちょっと心配になった。*5

 

☆「チュウは二度目さ」について
光くんの「操捧げるangel」「何だって教えてあげる」っていう最高の歌詞が聴ける曲です…!
やらないだろうな~好き、歌詞可愛い。

 

☆「FLY」について
2008春コンで2回やってるのか。コンサート後も頭から離れませんでした。ベイジベイジベイジソウルって何やねん…という謎と共に…。
「DUSH!!」とはバンド曲の双子ちあんってイメージの強い、ファンサ・バンド曲。
底抜けに明るくて好きだな、やりそうだなぁ。煽りにグループ名が入っているのもいいよね。

 

☆「太陽にLOVE MOTION」について
2011年、over発売前のコンサートMCで、「あの、何に使うっていうわけじゃないんですけど、ちょっと皆さんの好きな曲をアンケートさせてもらいたくて…何っていうわけじゃないんですけどね」って突然質問されたことがあって、その中の1曲でした。
後の2曲は、「トビラの向こう」と「Born in the EARTH」。
直後、一番多かったBorn in the EARTHがカップリングに入ることが発表されたのでした。今でも面白すぎるHey!Say!JUMP7不思議だよw自分らで考えろよ!wwwいや、楽しいし嬉しいし、どうせ買うのはここにいる人たちだから、理にかなってていいんですけどね。カップリング1つで売上が物凄く変わることなんてないだろうし、それなら皆の好きなもののほうがね。
でも今思うと、overは初めてJUMPartyなどの特典がついたりして、勝負時だったのかなぁ。知らないけども。てかoverのときに書きます。
可愛い曲ですが、私は当時も、このカップリング候補3曲に入ってくることに驚きでした!

 

☆「BUMP UP」について
ストンプで披露した曲。めっちゃ好き。やってほしいけどやらなそう。
前回書きましたが、これまた真剣SUNSHINE特典DVDのクイズ、JUMQで問題になりましたね。イントロクイズ、全員正解でした。

 

2008年の私とJUMP

JUMPの現場回数:8回
(+凱旋コン5回+カウコン1回。カウコンは光くん初参加の年)

亀梨くん目当て&原作の高橋留美子先生作品が好きということでドラマ「1ポンドの福音」を見始める。

山田涼介の存在に気付く。この役がもう本当にいい役で、山ちゃんの虜に。
「この曲を見ないと寝れない」が、UMPから山ちゃんソロのパフュームになりました。

 

UMPとパフュームを生で見たい!生で山田涼介を見てみたい!
でも14歳だよ!?犯罪じゃんやばいでしょ!
そんな葛藤が続く中、間近に迫った大阪城ホールのコンサートのチケットが、まだローソンで買えるということを知り、思い切って購入。

 

光くんが考えたという「JUMP」という形のステージでアリーナが埋まっていたコンサート。ジュニアがたくさん出て来て豪華だったコンサート。後から、全く席が埋まらず、無料招待ハガキが送られていたと知りました。

このペースで書いてたら一生終わらないので、ファンになった経緯はこちらで…!

jw.hatenablog.jp

簡潔に言うと、春コンに行って本格的にJUMPのファンになり。
ドームコンDVDとHi!Hey!Say!とJUMPaperでやぶひかのファンになり。
SUMMARY2008で初めて光くんのファンになり、光くんのうちわを持った。

 

SUMMARY2008では、会場で「Ya-Ya-yahありがとう」といううちわをたくさん見ました。

冬のコンサートで愛しのプレイガールをやったときの反響もすごかった。
この曲をやることへの批判。そして「JJの3人は歌うな、マイクを持つな」。

私は新規ながらに、たくさん過去の番組をダビングしてもらい、たくさんブログを読み漁り、Ya-Ya-yahへの愛着と、ファンの方への深い悲しみに寄り添う気持ちがすっかり心に芽生えていました。過去女子アイドルのファンとして同じような経験があるから、気持ちはとても分かりました。

そんな中での薮くんの冬コンサートのパンフの言葉。

個人的には、光と二人で、昔の曲をやろうかっていう話になっているんだ。

JUMPになる前に歌っていた曲にもいい曲が多いし、俺ら二人にも、いろんな思い出があるからね。

ちゃんと言葉にしてファンのことを配慮出来る薮くん、ほんとにすごい。

 

というわけで、JUMPが結成して1周年の頃には、もうすっかり軸足はJUMPと光くん。
2008年12月2日、18歳の光くんのお誕生日の日の日記には「光ファンとしての私の夢は、JUMPのコンサートを仙台でやってもらうこと! /凱旋魂の夢、絶対に叶えてね。」と書いてありました。さて、その夢が叶ったのはいつでしょう…続きは次回!

ちなみに、「毎回ソロパートが欲しい」とも書いてました(笑)。


mixiで少しずつお友達も増えていって。JUMPファンとして初めて出来たお友達は知念担の方。2008年12月名古屋公演に一緒に行きました。年齢も住む場所も違うのに、今でも超仲良しで一緒にコンサートに行っています。たくさんの担降りを見送って来たからこそ、ずっとファンでいてくれることがとても嬉しい。

 

やばいですね。長くなりすぎました。来年以降はリリースも増えるのでもっとさっぱりやります!
前回言ったことを繰り返しますが「ファンになったときの記憶は色濃い」。
私にとって、2008年はJUMP担始まりの年。特に思い出が多いのです。

 

【2008年まとめ】
◎…Dreams come true
○…冒険ライダー、真夜中のシャドーボーイ、スクール革命
△…Your Seed、Chance to Change

*1:カウコンなどの合同を除く全員出演のもの

*2:7・BEST・JUMPの楽曲。ソロ曲・後に音源化された曲・ジャニーズJr.名義の曲・ユニット曲などを除く

*3:余談ですが、08-09冬コンは、1曲目UMP、2曲目ドリカム、3曲目YourSeedで、4枚しかシングルないのにどういうつもりだ!?と度肝を抜かれた

*4:厳密に言えば冬・春の2回だが、セトリ・演出がほぼ同じだったので

*5:光くんが歌うRap詞がメンヘラすぎるのである