読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過激なレプリカ

模造品づくりにフルスロットル

これでカンペキ!DEARやぶひか完全攻略ガイド!

◆2016年ツアーが開幕

今年のJUMPのツアー、Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016「DEAR.」。
これを書いている9月2日現在、7月末の大阪を皮切りに、横浜、福岡、仙台と、4箇所18公演が終了しました。
全部で35公演なので、ちょうど折り返しです。

昨年は22公演中20公演のMCで薮くんが「光」という名前を出したり、薮くんが「八乙女ポイント」というものを生み出して光くんの天然発言を数えていったり、有岡くんと3人で歌うUNIONがあったりと、やぶひかごとが豊作なツアーでした。*1

 

今年は、まずアルバムを聴くとやぶひかで絡みそうなパートもないし、初日入ってみるとカウコンで披露されてあまりのやぶひか演出に時が止まったChikuTakuが他人の時計になっているしで、今年のツアーはやぶひか担にとっては楽しみが少ないのかもなぁと落胆するところから始まったのです。

 

◆柔軟に形を変えて存続するやぶひか

かつてテレビ東京での番組を失ったとき。

2人の仕事が見られなくなるのがとてもつらいというだけでなく、2人で過ごす時間が定期的にあることによって生まれるエピソードも丸ごと失ってしまうんだなと思ったことがとてもつらいと感じました。

 

ロケの合間に映画を見に行ったり、そのときのランチでピンク色の個室に通されたり。
薮くんが「光とこんなに何時間も話すの久しぶりだな…」って思いながら移動中の車で2人きりで話したり。
「光には収録の間の空き時間とかに、大事な話をするじゃないですか」って言いながら大学受験と合格を薮くんが光くんに一番に報告したり。
そんなエピソードもすべて生まれなくなってしまう。

 

ジャニーズのシンメ・コンビは「仕事に恵まれるビジネスパートナー」or「プライベートでも仲のいいリア友」と2極化しがちですが、やぶひかは本人たちも「プライベートでゴハンに行くわけじゃないけど、決して仲が悪いわけではないしメールの連絡もよく取り合う」と言っていて、このどちらでもないコンビでした。
とはいえ、やはりプライベートでは遊ばないわけで、仕事で繋がってる2人、と言ってしまって過言ではなかったでしょう。
仕事がなくなったらもうやぶひかは終焉の危機だったわけです。

 

が!!2016年!!
知念くんと3人で、知念くん+地元の友達と4人でゴハンにも行ってる~!!
そしてそして光くん二十歳のアニバゴハン以来のサシメシに~!!!
しかも「次は家に行く」「次は家に来る」とかまで言ってる~!!!

仕事がなくなったらプライベートで距離を詰め始めたー!!!
これが、やぶひか'16*2なのか!?

 

それはそのまま、楽曲の歌割でも同じこと、なのでした。
やぶひかのユニゾン、やぶ→ひかのリレーパートは、テレビのお仕事と呼応するようにどんどんなくなっていきました。

 

コンサート中のJUMPは、外周などですれ違うたび抱き合ったりわちゃわちゃ絡んだりする仲の良さが好評ですが、やぶひかはあんまり絡みません。

これらも、先に述べたようなビジネス・プラベのように「一緒の歌割が多い=仕事に恵まれているパートナー」と「コンサートで頻繁に絡む=仲良しコンビ」と二分するなら、やぶひかは完全に前者でした。
というか、「絡むとファンが沸くのが嫌だから敢えて絡まない」と本人たちからも発言されてしまったほどです。*3

そんなやぶひかから歌割を取ったら、コンサートでのパフォーマンス中、やぶひかを感じられる場所がなくなってしまう…。

 

ここでようやく、冒頭に戻ります。
やぶひか'16は、一緒の歌割がない分、コンサートの楽曲中に新たな形でやぶひかを創出し始めました。
というか、光くんがここ数年メンバーと絡みまくるようになったので、やぶひか以外の「○○ひか」も非常に豊富で、やぶひかだけすごいというわけではないのですが。そして、薮くんは元々他のメンバーと要所要所で絡んでいるのですが。

 

前提が長くなりましたが、何を言いたいかというと、今年のツアー、少しでも目をそらすとやぶひかを見逃してしまうのです。
この曲は双眼鏡を置いて一緒に踊ろう~とか全体を見よう~とか思ってる間に、やぶひかは事件を起こしています。
はたまた、担当だけロックオンしてても、時には双眼鏡を広げたり引いたりしないと、担当の相方まで入らなかったりします。何気なく担当が笑顔を見せたその先に、相方の視線があったりします。

楽しみ方は人それぞれ。
だけど、せっかくコンサートに入る以上「やぶひかはぜーんぶ見逃したくない!」そんなやぶひか担の方もいらっしゃるかと思います。

もちろん私もその一人…ということで、備忘録的にツアー前半終了時点でのやぶひか攻略ポイントを書き残しておきたいと思います。


セトリに沿ってお伝えしますので、もちろん大いにネタバレを含みます。ご注意を。

 

◆DEARやぶひか完全攻略ガイド

キミアトラクション
時刻:サビ「そばにいるだけでもう wow wow 何も要らないよ」
現場:センステ
事件度:★
少し遠いが向かい合う体勢なのでたまに目が合っている

 

ウィークエンダー
時刻:サビ「最高に魅力的な謎を解く 今夜僕とのファンキータイム」
現場:センステ
事件度:★★
横花→センステに戻る際一緒に振り付けしながら飛び跳ねる。
謎を解く♪とファンキータイム♪で二度飛び跳ねるけど、その間の「今夜僕との」で見つめ合ったままになるのが好き

 

愛のシュビドゥバ
時刻:ブリッジ「この胸の中住みついた君の笑顔がいつでも僕を強くするよ」
現場:センステ
事件度:★★★
仮面をつけたまま向き合って、口パクで何か言い合う。MCで内容を教えてくれるときも
いつでも♪ではもう前を向くのですが、そのときに、薮くんが斜め上を向いて「???」って考えているような顔をして光くんがそんな薮くんを見てにやにや~って笑っている様子がとっても可愛くて、一番大好きなやぶひかポイントです

 

ChikuTaku
時刻:「このまま二人はどこへ向かうの」「そうさChikuTaku進むだけ」
現場:メインステ
事件度:★★
間奏でこのまま♪は薮くんが横花からメインステの光くんの隣へ移動して来て、その後光くんの方向を向いて待機するパート。先日見たら、やぶひかで目を合わせて口の形を動かしたりにやにやしたりしていた。小さな動きなので見づらいかもしれない

そうさ♪は本編セトリ唯一レベルの(いや、ほんとに唯一か…!?)やぶひかユニゾンパート。背中合わせで歌い上げるんだけど、薮くんが光くんのほうをちらっと見て微笑んだり、お互い背中への体重のかけ方が日によって違うので要注意

 

SUPERMAN
時刻:上にいるとき
現場:メインステ
事件度:★
薮くんが真ん中の下手、光くんが下手の上手なので立ち位置?が隣。結構至近距離のご近所さんです。窓開けたら隣の部屋の窓、みたいな。
目を合わせて一緒に手で煽るような動きをしていることがあります

 

Tasty U
時刻:「悩ましく涙ぐむ君の瞳に映る僕は今放つのさ」
現場:メインステ
事件度:★★★
1番のサビが終わった後、千手観音の振り付けをするためにJUMPが縦一列になるのですが、光くんが目の前の薮くんのお尻を思い切り鷲掴みしてます。メインステ横側の限られた席でしか見られないのが残念。ちなみに、光くんの後ろの高木くんも光くんのお尻を揉んでいることがあるようです

 

キラキラ光れ
時刻:最後のサビ前後
現場:バクステ
事件度:★
ファンサ曲。ファンサと一緒でコミュニケーションを頂けるかどうか分からないのですが、バクステ集合後何らかの絡みがあることがあるので目を離せません。でも、立ち位置も遠いのでほぼない

 

Come On A My House
時刻:「もっと君に触れたい」、最後のサビ
現場:バクステ、センステ
事件度:★
Bメロ、ズッコケトリオ(いのひかあり)からの最年長コンビ(やぶたか)なのはお馴染みですが、いのひかありに合流する形でやぶたかがやってくるパターンが誕生。日によりますが、仲良くくっつくBEST兄さんが堪能出来ます

 

Magic Power
愛すればもっとハッピーライフ
時刻:いずれも曲の終わりのほう
現場:バクステ、場合によりメインステ~センステ
事件度:★★
アンコール。これもファンサ曲なので何が起こるか分からないのですが、トロッコの構成により、やぶひかがアリーナトロッコの日はバクステで2人きりになるので、絡むことが多めです
そのほか、愛すれば~の曲が終わりかけの、メインステ~センステでも、光くんが薮くんをハグしたり、2人でカメラアピールしたり、様々な目撃情報が上がっているので要注意です

 

Romio&Juliet
時刻:時間が僕らを切なくさせたがる どんなときも一緒だよ
現場:センステ
事件度:★★★
今のところ各会場ラスト公演でのみ見ることが出来るロミジュリ。これまでも数々の伝説を生み出して来た、やぶひかのハモリからのユニゾン、超ロングブリッジパート!!
前半戦の大阪では、薮くんが光くん目掛けてもうダッシュ!約2年振りとなるこのパートでのやぶひか絡みは大きな感動を呼びました。
横浜は絡まずでしたが、福岡・仙台でも無事に絡み…いや、こういう風にお決まりになってしまうと、どんどんおざなりになってしまうのですが、いずれにせよ2人もこのパートの前はお互いの姿を探したりしているのが見えて、意識してくれてるんだなと思えます。歌詞がまたいいよね

 

◆今やぶひかに思うこと

セットリストに沿ってポイントを紹介してきましたが、何と言っても一番の事件はMCでしょう。
昨年北海道で起こった、ダチョウ倶楽部さんの芸を模した「キス未遂」が前半終了時点で何と5度程も行われました。*4
これもやぶひかがどうというよりは光くんのメンバーへの態度・行動の変化が大きいので何ともいえません*5が、こんな過剰な絡みを見せられて戸惑っているのも事実です。

こんなやぶひか望んでない、こんなの自分の好きだったやぶひかじゃないと思う人も多数いるでしょうし、感じ方は人それぞれ。

 

でも今、やぶひかには過去あったようなレギュラー番組も、特別感のある歌割もないのです。
やぶひかには今、やぶひかを成立させる仕事がないのです。

 

パンがないから、お菓子を食べるしかない状況です。*6

 

先述したように、この状況に、私も一度はやぶひかの終焉を感じました。

だけど違う。
やぶひかは、形を変えてでも何とか今存在しています。

私は、2が9に溶け込みきらずに、ずっとずっと、2のままで、特別な存在感を放っていてほしい。たとえどんな形でもです。

そしてそのためには、ファンがしつこく声を上げ「やぶひかは人気がある」「やぶひかはお金になる」と表明し続けることも、ささやかな一助になると信じています。*7

 

今を否定せず、未来を願って。
いつかやぶひかにまた、特別な場所が、特別なお仕事が来ますように。

 

後半戦もいーーーーーーーーっぱいやぶひか供給してくれーーーーーーー!!!!!!愛してるぞーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

*1:詳しくは昨年のブログ参照

kagekina-replica.hatenablog.com

*2:モーニング娘。が2014年からグループ名の後ろに年号をつけて、そのときそのときのグループの形を名前と共に刻んでいるのですが、利便性を感じパクっています

*3:WiNK UP2014年2月号より。薮「コンサートとかで、わざとスカすことあるからね(笑)。花道とかで光とすれ違う瞬間、あえてハイタッチしない。そしてちょっと早足で歩けば、目の前の光に追いついて、うしろから肩抱いて“うぉーい”とかできるのにやらない。やったら、やぶひか好きのファンから、絶対“キャー”って言われるのわかってるけど、やらない(笑)」

八乙女「わかるわかる!“あいつら、まんまとやった感”がイヤなんだよな。これが伊野尾ちゃんとかなら、全然いいの(笑)。でも薮とハイタッチとかすると、それが“特別なこと”みたいに思われるのが、なんかイヤなんだよな。なんだろう…全然意識してない女の子とちょっとしゃべったら、周りから“ヒューヒュー”って言われた…そんな感じっていうの?(笑)」

薮「周りが思ってる以上に、オレらは複雑な心境にいる(笑)」

*4:しかも、光くんが「照れてんじゃねーよ」ってはたいたり、キスの寸前で客席に背中を向けたり、タオル越しにキスしたり、バリエーション豊富でございます

*5:薮くんが今回のツアーで「最近光の距離がちけーちけー」「最近光がおかしい」などと発言

*6:そもそも私はお菓子も大好きですが

*7:薮くんも2016年8月号のWiNK UPで、ファンからの「やぶひか信者に一言」というおたよりに「お布施をくれ(笑)。供給は少ないけど、信者でいてください」って言ってたし…!信者って単語に呼応するお布施って単語で返せるのはさすがの語彙力。しかしここで言う供給は、仕事のことじゃなくて仲良し絡みのことだったんだろうなぁ