読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過激なレプリカ

模造品づくりにフルスロットル

ジャニーズ楽曲大賞2016

2016年のJUMPは、シングルが真剣SUNSHINE、FantasticTime、Give me loveの3枚、アルバムが1枚。せんせーしょんズ名義のDVDが1枚。
リリースがとても多かったですね。

真剣SUNSHINEが好みじゃなさすぎて、もうファンをやめてしまうかもしれないとさえ思いました。CD1回のリリースで本当にそう思えたので、楽曲って重要だなぁ。
曲自体も好きになれなかったけど、何より踊らないJUMPに全く興味が持てず。
別にダンスをきっかけに好きになったわけではないし、ダンスが武器って言い始めたのも途中からなのに不思議だなぁ。ファンタもギミラもかっこいいダンスがついて嬉しかった!そして、コンサートで披露された真剣SUNSHINEは、わちゃわちゃありでとても楽しく見れました。

アルバム「DEAR.」は、JUMPingCARよりもかなり好きだったけど、コンサートはJUMPingCARnivalのほうがかなり好きだったから、アルバムの好み=コンサートの好みにはならないんだな、というのも今年の発見。

DEAR.はSmartってタイトルに変えたほうがいいのでは!?というくらい、スマートでスタイリッシュな楽曲が多くて、まとまりがあるともいえるし偏っていたともいえる。
「タイトルが覚えられない」ってTwitterで言ってる人を結構見かけたんだけど、正にそれで、同じような、かつひっかかりのない曲が多かった印象。だけど、その分聴いていて心地良く、純粋にかっこいいなと思える楽曲が多かった。
相変わらずコンサートで披露されないものが多すぎて、いつになったら「アルバムを引っさげて」くれるのか…と寂しい気持ちはずっと持ったままですが…笑。

私はアイドルを「歌う人」ではなく「表現する人」と認識しているので、やっぱりコンサートで披露されてこそ、楽曲が完成するという価値観なのです。
音源化された時点で、純粋に音楽として完成しているという見方もあるから、コンサートで未披露だからといって、その曲が素晴らしいものであるということに変わりはないと思うのですが、実際に踊ったり演出されたりして、「表現」されてこそアイドルの音楽!と思ってしまいます。
いや、歌うことも表現だから、言葉的にはおかしいかもしれないけど。

ここ3年のJUMPは、音楽活動としてはルーティンのように同じ時期で同じ仕事をしていて(初夏にアルバムが出て、その後ツアーが秋まで続く)、そのデータ的な感覚だけでなく、アウトプットとしてのコンサートも既思感に溢れた構成だったので、「3部作」とくくりたくなるような3年間だった。
10周年は集大成のような構成、選曲になりそう。それはそれで楽しみとして、音楽活動の新境地としては11年以降、2018年~に期待ですね。BESTコンもあるだろうしな。

 

●楽曲部門

1位:FantasticTime/Hey!Say!JUMP

JUMPといえばダンス、いや「フォーメーションダンス」。
大人数のグループじゃないと出来ない、人数が多いほど映えるマスゲームのようなフォーメーションダンスを久しぶりにがっつり見られた曲。
ダンスに留まらず「移動までかっこいい」。それがHey!Say!JUMPの武器。

昨年同様、これ!というJUMPの1曲はなかったんだけど、FantasticTimeはやっぱり良かった。
こういう踊りまくる楽曲を年に1回は出してくれないと満足出来ないなぁ。
ちょこちょこ振り付けがダサくて、満点はあげられないけど、自担の八乙女光くんは前列にいるし、高木くんや圭人が目立ったり、やまいのの背中合わせに震えたり、裕翔くんの「だから」を世界中に自慢したかったり、フォーメーションダンスの武器を存分に活かした、色んな人が目立つ構成の曲で楽しかったな。

「気付けば誰もかれもが大事に作られた世界で」
Aメロのこの歌詞のときの光くんのダンス、思い出すだけで吐きそうになるくらい好きだー!!!

 

2位:B.A.B.Y./Hey!Say!JUMP
久しぶりにJUMPの曲で、初めて聴いた瞬間に衝撃を受けた1曲。
ラジオ音源を毎日毎日聴いて、どんなダンスになるのかも毎日毎日頭の中で夢想していました。
まさかこんなに素晴らしい曲が未披露の墓場に投げ込まれるなんて、今でも許せない気持ちでいっぱいです笑!!!

 

3位:メガ☆ラブ/Kis-My-Ft2
キスマイは藤北の歌唱力あってか、どの曲も平均点が高い気がします。
こんな可愛い曲も歌えるのずるすぎる!
一番ずるいのは、千賀くんの「浮かれちゃってるこの恋に」ですね。超重要パートを千賀くんが歌うところにキュンと来ました。
コンサートでの、ペンライトの台紙を使うというアイデアや外周ジュニア使いも上手、振り付けも可愛かったなぁ。1回しか見てないのにまだ覚えてる。

 

4位:MU-CHU-DE 恋してる/Kis-My-Ft2
どんだけ可愛い曲が好きなんだという話ですが笑、ちょっとクラシックなメロディ、明るい中にも切ないメロもあり、Rapでキスマイらしく仕上がって、胸がぎゅっとなるようなウルトラアイドルソング。好きです。

 

5位:僕とけいと/Hey!Say!JUMP(岡本圭人+知念侑李)
一言で言うと「本当にあった怖い話」。
今年のJUMPのシャッフルは、全部コンセプチュアルでそれぞれの良さが出ていて、好きでした。Mygirlも大好きだったんだけど…他の3つは歌詞の世界を演じる中、僕とけいとだけはドキュメンタリーだからすごさが際立ったのかもしれない。
「あぁずっとこのままいれたらいいな」という歌詞がとても切ない。このままいれないことを知ってるんでしょ?って泣きたくなる。
知念くんと圭人はメンバー内でもモテモテだけど、コンサート中2人で見つめ合う笑顔を見てると、2人とも本命はここに落ち着いたということでいいのか?とドキドキしてしまいます。(山田さまよりお互いが一番…?)

 

☆他に迷った曲
RUN de BOO!/Hey!Say!JUMP
さよならセンセーション/せんせーションズ
NewDay/SexyZone中島健人佐藤勝利
Hey!! Summer Honey/SexyZone(中島健人
シリウス/News
Great 5/A.B.C.-Z.


●未音源化部門

CALL/Love-tune
これぞジャニーズ!というゴリゴリ感、これぞアイドル!というトンチキ感、これぞジュニア!という疾走感、ジャニーズJr.の教科書のような1曲。
とても熱い歌詞で、サビの最後の「I hear future call」なんてJr.が歌うの泣いてしまう。
でも、やっぱり安井くんの「oh my god」が最大の味付けというか。たった一言の台詞?だけどこのエッセンスがあるから、もう一度食べたくなるような、そしてここでしか食べられないと思えるような癖のある料理に仕上がってるなと思います。

 

☆他に迷った曲
OH!サマーKING/Mr.KING

 

●現場部門

CONCERT TOUR 2016 I SCREAM/Kis-My-Ft2
アルバム曲をちゃんとやって、ソロもあって、爽やか、かっこいい、可愛い、激しいなど楽曲のバランスもとっても良くて、これぞ私が見たかったジャニーズのコンサートでした。
終わり方も最高にいい。あんなアンコールのラスト見たことないよ~!!

 

●MV部門

さよならセンセーション/センセーションズ(Hey!Say!JUMP)
衣装とダンスが100点満点!第一弾のピンク×黒を超えるものはない!と思ってましたが、真逆の青×白の衣装でそれに並んでくるなんてすごい!!
ダンスほんっっとに可愛かったなぁ。歌番組で披露してくれて嬉しかった!
「せんせーションズ」はJUMPの二次元らしいキャラクターにぴったりのお仕事だったと思います。茶番や小芝居も得意だしね。

 

●ベストバイ部門

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPingCARnival/Hey!Say!JUMP
carnivalというコンサートが大好きだったのでそのままランクインです。
かっこいい曲や可愛い曲のバランスが良くて、Hey!Say!JUMPのカタログみたい。
JUMPってどんなグループなの?って聞かれたらこれを見せたらいいんじゃないかと。
大好きなUNIONが、仕上がってきていた状態で収録されたのもとても嬉しかったし、一生の宝物です。

 

 

1月10日現在、既にシングルリリースが決まっているという幸せ。

「Over the top」も踊る楽曲のようなので、今からとても楽しみです。